にきびの治療法

治療と化粧品

 女性が外出するというような時はもちろんのこと、最近だと男性であっても行うようになってきたのが化粧です。

そこではさまざまな化粧品が使われることになるのですが、しかしニキビ跡治療を行っているのであれば化粧品を使うという際にも少々注意したいことがあります。

化粧品の使用

特に注意をしたいことがファンデーションやコンシーラーといったようなものに含まれる油分です。
油分は皮膚をつややかに見せるために多くの商品に採用されていますが、ニキビの原因菌であるアクネ菌は油分を栄養分として繁殖していきます。

特に毛穴の中に油分が入り込むというようになるとニキビ跡治療が思ったように進まなくなるほか、
新しいニキビが出来やすくなるなどの問題を招きやすくなります。
加えて注意したいのが化粧品の使い過ぎです。

特にコンシーラーはニキビ跡を消すために効果的であるため無意識に厚塗りをしてしまいやすい
ということもありますが、厚塗りは皮膚の毛穴をふさいでニキビが出来やすい肌を作ってしまいます。
ですからニキビ跡治療中はニキビ跡を治すことに集中し、なるべくナチュラルで肌に優しいメイクを心掛けてください。

化粧水とニキビ跡治療の関係

化粧水は数ある化粧品の中でも、化粧をしている際の肌を美しく保つ効果のほか、肌の基本的なコンディションを整えるという役割もあります。

そのためニキビ跡治療においても当然大切なものになるのですが、では具体的にはどういった関係があるのかというと、一番大きいのは「保湿をする」という部分です。

皮膚は人体でも最も外気に触れる部分であり、紫外線などを直接受ける部分です。

紫外線を受ける

そうなってくるとニキビ跡治療を行うほどに弱っている肌は、日常生活でもどんどんダメージを受けていきます。
そのダメージを少なくして皮膚の自然治癒力を高めるには保湿が非常に重要となります。

また美容化粧水と呼ばれるようなタイプになると、成分として保湿だけでは無く肌を白くしたり、
皮膚の奥にまで美容成分を浸透させる効果を期待することもできるようになります。

ニキビ跡治療ということで言えばクリームやサプリなどが注目されがちですが、普段の生活の中で
最も肌を護る役割を持つ化粧水にもしっかり着目をするようにしましょう。

ピル  ホルモンバランス  プラセンタ注射  費用   内服薬  レーザー治療 軟膏 ストレス フルーツ酸 ブリッジセラピー ビタミン スキンケア

(C)nikibi naosu

produce by seleb item