脱毛サロンと医療脱毛行こうと思ってもなかなか知識がないと難しい?そんな方へ読んでほしい

月: 2022年4月

医療脱毛を受ける場合にはサイクルに注意

ワキに対して医療脱毛をはじめとする施術を考えている時には、毛周期について理解することが大切です。どのようなサイクルになっているのかを知れば、効率良く施術を受けることが可能になりますし、無駄な手間をかけずに済みます。

ムダ毛のサイクルには、成長期・退行期・休止期があり、成長期は前期と後期に分けて考えることができます。

成長期前期には毛母細胞が活発に分裂を繰り返しており、毛は成長していきますがまだ皮膚の表面までは伸びていません。

成長期後期になると表面にまで伸びてきて、この期間は長めです。退行期に入ると成長が終わって毛質が弱くなり、毛根から抜けやすい状態になっています。

そして、休止期に入ると完全に抜け落ちた状態になり、次の毛をはやす準備に入ります。

脱毛のスケジュール管理このサイクルを繰り返すのはどの部位も同じですが、長さには違いがあってワキの場合には6~8か月が一般的です。

医療脱毛を受ける時にはこの期間を参考にしながら受けるスパンを決めるのがお勧めです。

実際に医療脱毛を行うことになったら成長期に受けることになり、そのタイミングを見計らって予約を入れます。
成長期にはメラニン色素が濃くなるので、照射の効果が得られやすい状態です。

お得に受けるための裏技

お手頃価格でありながら質の高い施術を受けられると評判のミュゼプラチナムを利用する場合、まずはどのような特徴があるのかを知っておくことが大切です。

医療脱毛の場合には痛みに不安があるという声をよく耳にしますが、実際に医療脱毛の痛みは部位によっては耐え難いものがあります。

キャンペーン

しかし、ムダ毛のない美しい肌を実現するためには我慢しなければならないと考えている人も多く、特定の箇所に絞って受けることも多いようです。

ミュゼプラチナムでは光脱毛のS.S.C.脱毛を
採用していて、美容液の上から毛のメラニン色素に反応するライトを照射して肌に負担をかけずに効果を得ることが可能
です。痛みの心配もほとんどありませんので、医療脱毛の痛みに耐えられない人でも無理なく受けることができます。

キャンペーンやイベントもたびたび行われており、上手く活用できればお得に利用できるチャンスがあります。内容はその時々によって異なりますので、まずはホームページをチェックしてどのような内容になっているのかを確認してみましょう。中には非常にお得なキャンペーンもあって、お試しで受けてみたい時にもお勧めですし、効果も自分の肌で確かめられます。

医療脱毛・除毛クリームの良いところ

脱毛クリームのいいところ医療脱毛のメリットについてですが、5~8回程度の少ない施術回数と1年程度という短い施術期間で効率良く脱毛できる、永久脱毛が叶い一度施術してムダ毛を無くしてしまえばそこから再度ムダ毛が復活して生えてくる心配が無い、皮膚科クリニックでの医療行為にあたり近くに医師がいるので皮膚トラブルが生じてもすぐにみてもらえるなどがあります。

サロン脱毛だと12回以上の施術回数と2~3年程度の施術期間を要しますので、短期間でスピーディーに終わらせたい方に最適です。除毛クリームのメリットは、手軽さと安さと肌への優しさです。

ムダ毛が気になる部分にクリームを厚めに塗り、しばらく放置してムダ毛が
解けたらクリームを拭き取り洗い流すだけでOKです。

除毛クリームの販売価格は2000~3000円程度で経済的な負担は感じませんし、カミソリでのシェービングやワックスでの脱毛に比べて肌への負担も
少なめです。

お財布とお肌の両方に優しいというのが最大の魅力です。医療脱毛の施術期間中のムダ毛処理方法としても、肌を傷つける心配が無い除毛クリームが最適ですし、携帯用にも適しています。肌を露出しなければならないときに備えて
携帯していると安心です。

医療脱毛・除毛クリームの悪いところ脱毛クリームの悪いこと

医療脱毛のデメリットについてですが、永久脱毛に相当する最上級の施術であるためエステサロンのブラジリアンワックスやフラッシュ脱毛に比べると費用が高い、強いパワーのレーザーを当てるのでお手入れをするパーツや肌のコンディションによっては痛みを感じる、一度脱毛すると二度と生えてこないのでそれなりの覚悟が必要などがあります。

レーザー脱毛機は進化し続けており、痛みが感じないように工夫されているものがほとんどです。

痛みが出て耐えられない場合は、笑気ガスや麻酔クリームなどで対処してもらえます。乾燥した肌や日焼けした肌は痛みを感じやすい傾向にありますので、医療脱毛をしている期間中は保湿ケアと紫外線対策は必須です。

除毛クリームのデメリットは、太くて丈夫な剛毛には向かないことと肌ダメージがあることです。カミソリで深剃りしたような仕上がりではなく、皮膚から出ている部分のムダ毛を溶かしてカットするような仕上がりですので、剛毛が生えている部分に使うとチクチク感が出たりします。

タンパク質を溶かす成分のチオグリコール酸カルシウムは、ムダ毛だけでは
なく肌にも作用しますので、放置時間が長いと肌ダメージになることがあります。置き過ぎには気をつけましょう。

サロン脱毛ではなく自分で脱毛おこなう場合

自分で脱毛をする一番のメリットは、コスパの良さになります。サロン脱毛
などは、サロンにもよりますが数十万円かかることもあります。

かみそりを使用すると

セルフ脱毛の場合にはかみそりや脱毛テープ・家庭用脱毛機などのグッズを
購入する費用だけで済ませることができるので、安くムダ毛の処理ができます。

しかし自分でかみそりなどを使用して脱毛をすると、肌を傷つけてしまう恐れがあり、肌に負担をかけてしまうリスクが高くなります。

かみそりを使用する場合には、肌の表面に生えているムダ毛をカットするだけなので、すぐに新しい毛が生えてきます。そのことで頻繁に脱毛をすることになり、余計に肌にかかる負担が大きくなってしまうこともあります。

セルフ脱毛は、サロンに通う必要が無いので、好きなタイミングで脱毛することができる点はメリットになります。日中にサロン脱毛に通う予定をたてなくても済むので自由度が高い脱毛方法になります。

家庭用脱毛機は、高価なのですが家族で使用することもできるのでコスパは
良いのですが、カートリッジ交換などメンテナンスにかかる費用もあるので、結果的にコストが高くかかってしまうこともあります。

セルフ脱毛は手の届かない箇所など脱毛することができなかったり、まばらに仕上がってしまうことも多くあります。

プロによって施術する脱毛

プロの意見を聞いてみよう

サロン脱毛や医療脱毛は経験豊かなプロが施術をするので安心して任せることができる点が魅力になります。

サロン脱毛は一般的に光脱毛になり、医療脱毛の場合にはレーザー脱毛になります。

光脱毛はレーザー脱毛よりも高出力ではないのですが、こまめに通うことで十分な脱毛効果があります。

サロン脱毛や医療脱毛に通うメリットは、ムダ毛がすぐに生えてこない点に
なります。

セルフでおこなうよりも脱毛の効果が高くなります。仕上がりもきれいで毛穴を引き締めながら施術をするサロン脱毛などもあるので、ツルツルできれいな肌になることができて、施術後のケアもしっかり実施してくれるので、肌に
優しい脱毛をすることができます。

施術者が脱毛をおこなっていくので、手の届かない箇所まできれいに脱毛することができる点もメリットになります。

最近流行りのVIOなどのデリケートゾーンの脱毛の場合は、技術力があるサロン脱毛にお願いした方が安心です。

サロンやクリニックにもよりますが、脱毛箇所を選ぶことも可能なので、さまざまなプランなど用意されている点も魅力になります。

無料のカウンセリングをおこなっているサロンも多くあるので、施術内容を事前に聞くこともできます。

 

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén