にきびの治療法

内服薬

皮膚科では内服薬によるニキビ治療がポピュラーです。
多くの場合、抗生剤の処方が行われます。
ニキビができる原因の1つに挙げられるのが、
アクネ菌の増殖です。

アクネ菌はいつも毛穴の中にいる常在菌で、
皮脂をエサとしています。皮脂分泌が増えると
エサも増えるので、アクネ菌が増殖し
ニキビができやすい肌質になってしまうのです。

ニキビ治療ではアクネ菌を抑える為、
抗生剤を処方して対応します。ミノマイシン錠や
ルリッド錠は、ニキビ治療として処方される
抗生剤の代表格です。

抗生剤の他には皮膚科で、ビタミン剤を処方される
ケースもあります。

ビタミンCなどのビタミン剤を服用し、ニキビが
できにくい肌質へと治療します。

この他に、女性ホルモンバランスの崩れで、
ニキビができているという場合、ピルを処方する
皮膚科もあるようです。

ピルは女性ホルモン量を一定に維持する作用があり、
いわゆる大人ニキビの治療に有効と言われています。

どの内服薬でニキビ治療を行うかは、ニキビの
原因によって変わります。

ピル  ホルモンバランス  プラセンタ注射  費用   内服薬  レーザー治療 軟膏  

(C)nikibi naosu

produce by seleb item