脱毛クリームのいいところ医療脱毛のメリットについてですが、5~8回程度の少ない施術回数と1年程度という短い施術期間で効率良く脱毛できる、永久脱毛が叶い一度施術してムダ毛を無くしてしまえばそこから再度ムダ毛が復活して生えてくる心配が無い、皮膚科クリニックでの医療行為にあたり近くに医師がいるので皮膚トラブルが生じてもすぐにみてもらえるなどがあります。

サロン脱毛だと12回以上の施術回数と2~3年程度の施術期間を要しますので、短期間でスピーディーに終わらせたい方に最適です。除毛クリームのメリットは、手軽さと安さと肌への優しさです。

ムダ毛が気になる部分にクリームを厚めに塗り、しばらく放置してムダ毛が
解けたらクリームを拭き取り洗い流すだけでOKです。

除毛クリームの販売価格は2000~3000円程度で経済的な負担は感じませんし、カミソリでのシェービングやワックスでの脱毛に比べて肌への負担も
少なめです。

お財布とお肌の両方に優しいというのが最大の魅力です。医療脱毛の施術期間中のムダ毛処理方法としても、肌を傷つける心配が無い除毛クリームが最適ですし、携帯用にも適しています。肌を露出しなければならないときに備えて
携帯していると安心です。

医療脱毛・除毛クリームの悪いところ脱毛クリームの悪いこと

医療脱毛のデメリットについてですが、永久脱毛に相当する最上級の施術であるためエステサロンのブラジリアンワックスやフラッシュ脱毛に比べると費用が高い、強いパワーのレーザーを当てるのでお手入れをするパーツや肌のコンディションによっては痛みを感じる、一度脱毛すると二度と生えてこないのでそれなりの覚悟が必要などがあります。

レーザー脱毛機は進化し続けており、痛みが感じないように工夫されているものがほとんどです。

痛みが出て耐えられない場合は、笑気ガスや麻酔クリームなどで対処してもらえます。乾燥した肌や日焼けした肌は痛みを感じやすい傾向にありますので、医療脱毛をしている期間中は保湿ケアと紫外線対策は必須です。

除毛クリームのデメリットは、太くて丈夫な剛毛には向かないことと肌ダメージがあることです。カミソリで深剃りしたような仕上がりではなく、皮膚から出ている部分のムダ毛を溶かしてカットするような仕上がりですので、剛毛が生えている部分に使うとチクチク感が出たりします。

タンパク質を溶かす成分のチオグリコール酸カルシウムは、ムダ毛だけでは
なく肌にも作用しますので、放置時間が長いと肌ダメージになることがあります。置き過ぎには気をつけましょう。