現在の医療脱毛ではレーザー脱毛機を使用した施術がメインになっていますが、レーザーにはさまざまな種類があることをご存知でしょうか。
それは「ダイオードレーザー」「アレキサンドライトレーザー」「ヤグレーザー」の3種類で、それぞれに特徴が異なります。
ダイオードレーザーを利用した脱毛機は毛根に栄養を与える「毛包幹細胞」にダメージを与えることが特徴で、肌自体にメラニンを含んだ日本人の肌質や黒くて太い毛質に適しています。

熱破壊式と蓄熱式の2種類があり、他の脱毛機ではダメージを与えにくい産毛や薄い毛などにも対応が可能ですが、蓄熱式と比較して熱破壊式は痛みや肌への刺激がやや大きくなっています。

アレキサンドライトレーザーは「アレキサンドライト」という宝石を使用した最も波長の短いレーザーで、弱いエネルギー照射でも毛根の組織を破壊できることが特徴です。
数多くの脱毛実績があり、照射の出力を毛の質に合わせて細かく調整できることから、現在の医療脱毛クリニックにおける定番ともいえる脱毛機となっています。

また、メラニン色素への反応が強いことからシミやそばかすの治療に用いられることもあるため、脱毛によって美肌効果も得られるかもしれません。

美肌効果の期待

波長が長く肌の奥まで届くヤグレーザー

ヤグレーザーは、イットリウム・アルミニウム・ガーネットで構成する結晶を励起することにより得られるレーザーです。
他の2種類のレーザーと比較して波長が長いことが最大の特徴で、レーザーが肌の奥まで届きやすくなっているため深いところにある毛乳頭へ熱を与えたり、硬毛化した毛を脱毛するのに適した脱毛機です。

非常に短い時間で瞬間的にレーザー照射をするため、周りの組織を傷つけることなく皮膚へのダメージが最小限に抑えることができます。
ただし、脱毛する際に最初から使われることは少ないレーザー脱毛機でもあります。

始めはアレキサンドライトやダイオードレーザーの脱毛機で施術を受けるのが一般的で、その施術を受けても抜けにくい毛や、硬毛化した毛など状態が変わってしまった毛を脱毛する目的で使用されることが多くなっています。

また、他のレーザーに比べてメラニン色素に反応しづらいという特徴もあるので、色黒肌や日焼け肌の人や色素沈着を起こした部位の脱毛にも適しています。
皮膚の深い所までレーザーが届くため通常より深い場所から生えている毛などに最適ですが、脱毛効果が高い分だけ他の2つのレーザーに比べて痛みが出やすくなっており、場合によっては炎症などの肌トラブルを起こすこともあります。

肌トラブルを招く