黒い部分を光で照射

VIO脱毛の原理は、毛根の黒い部分を光で照射して、
そこから脱毛を促すというものです。

しかし一回の施術で毛母細胞が無力化する訳では
ありませんから、VIO脱毛メニュー完了までには施術を
何度も繰り返し受ける必要があります。

ただしアンダーヘアには多様な個性があるため、何人も
一律何回の施術で完了すると一般化する事はできません。
むしろかなり大きなばらつきがあると言えるでしょう。
そのため施術回数が多い場合は、時間もさることながら
トータルの費用も高額になります。

では安い美容業者を選ぶポイントというのはあるのでしょうか。
VIO脱毛を行なう決心をしたら、まずは地理的に利用可能な
美容業者をWEBで捜してみます。

各業者のサイトには普通、一回あたりの施術の料金が示され
ています。この段階でどの業者が安いか把握できます。

ただし業者によっては、施術回数をまとめて予約する事で
割引を行なっているところもあります。

もしメニューの完了までに施術回数が10回必要であるなら、
1回ずつ予約するのではなく、例えば6回セットで予約して
割引を受け、あとは1回ずつ完了するまで施術を受ける方が
トータルの費用は安いはずです。

ここでは6回セットとしましたが、業者によってこの回数の
組合わせは異なります。

回数制

ただしVIO脱毛においては一般的に最初から施術回数が分かる訳ではありません。数回の施術を受けて脱毛効果を実感しているうちに、あと何回ほどの施術が必要か分かってくるという性質のものです。

ヘアが薄く、施術回数が少なくて済む人でも6回ほどはかかりますから、まずは6回相当で割引を受ける方法を検討するのが安い費用で済ませるコツです。

VIO脱毛は太い毛ほど脱毛効果を得やすい

今やデリケートゾーンの脱毛は、女性としてのエチケットでも
あるため、多くの女性が脱毛でスッキリと処理をしています。

人気脱毛部位のVIO脱毛は、しっかりとした太い毛ほど脱毛効果
を得やすいパーツです。

なぜ施術を受けて脱毛効果が高いかの理由は、エステ脱毛マシンや、
医療レーザー機器の仕組みに理由があります。

エステサロンでは光をメインとしているエステ脱毛機器を採用して
おり、美容クリニックなどでは医療機器の医療レーザー脱毛マシンを
導入していて、マシン自体は異なります。

医療用かエステ用かに分かれますが、基本となる脱毛ができる仕組み
は同じです。エステでは光を照射して毛を減らすことができますし、
医療レーザーは永久脱毛の処理ができます。

いずれにしても光や医療レーザーは照射をすることで、毛を成長させる
毛乳頭に刺激を与えて、成長を阻害する働きをする仕組みです。

光やレーザーが反応をするのは色素のある、黒い毛の色であるために、
白髪のような色素の無い毛ではなく、しっかりと存在感のある黒くて
太い毛に対して反応をします。

全身の脱毛をするにしても効果が出やすい部分と出にくい部分がある
のは、レーザーや光が反応をしやすいか、しにくいかが理由です。

そこへいくとVIO脱毛は、まさに黒くて太くて毛量も多いという、
脱毛の仕組みからしたら条件の整ったパーツだと言えます。
反応が良いことで最初の頃の施術では、デリケートゾーンには刺激を
感じやすいですが、やがて痛みも軽減していくので安心です。